Smile Seriesって?

安心・安全な子育てのための工夫

小さい子供は毎日が危険との遭遇。"子育て目線"で"子供たちの毎日を考えて"「アイムの家」で安心・安全な住まいを。

たとえば…>> 調理スペースのまわりが子供の通り道になっていない

なぜ?>>冷蔵庫が調理スペースの奥にあるのは、ママがお料理している時はとっても危険。天ぷらを揚げているときなんかは絶対に子供たちに近づいて来て欲しくない。冷蔵庫は飲み物を飲みたい子供たちが頻繁に使うもの。調理スペースの前が子供たちの通り場所にならないよう、冷蔵庫の位置も決めたいもの。

安心・安全な子育てのための工夫

ママにとって、ストレスをためない空間づくりのために

ママがストレスなく子供を育てられることは、とても重要。家事負担の軽減や豊富な収納などが必要です。

安心・安全な子育てのための工夫

たとえば…>> 洗面所に子供の下着置き場がある

なぜ?>>自分でお風呂に入れるようになると、しつけのためにも着替えの準備は子供にやらせたいもの。洗面所に下着やパジャマを入れておくスペースがあれば、小さい子供でもお風呂の準備ができます。人気のドラム式洗濯機も置けるスペースがあれば、ママの負担軽減につながります。

子供の健康に良い空間づくり

小さな子供は大人よりも弱い存在。子供の健康を考えての空間づくりを目指します。

たとえば…>> 健康に良く、また環境にも配慮した建材が採用されている

なぜ?>>F☆☆☆☆をクリアした建材を使用することはもちろん、クロスもSV企画の基準値をクリアしたものが望ましい。また、無垢のフローリングや珪藻土・調湿タイル等の素材を積極的に使用すれば尚嬉しい。

安心・安全な子育てのための工夫

親子のふれあいを大切にした住まいづくりの工夫

子供が成長して行く上で欠かせない家族とのコミュニケーション。日常的な生活空間から考えました。

安心・安全な子育てのための工夫

たとえば…>> 寝室が親子で川の字に寝られるような広さがある

なぜ?>>子供が両親の話を聞きながら眠りにつけたり、夜中に目を覚ましても親の温もりを感じることができる等、小さなうちは親子が川の字で寝ることのメリットは多い。主寝室の広さが7.5帖以上あれば、川の字に寝られる。

子供の豊かな心を育むために

小さいうちから絵や自然に親しみ、豊かな心を育てたい

たとえば…>> リビングを通らないと子供部屋に行けない間取りになっている

なぜ?>>「ただいま」の声もなしに子供部屋に直行。帰って来たのかどうかさえも親には分からない。将来そんな生活にならないよう、必ずリビングを通ってから子供部屋に行けるようにしたいもの。

安心・安全な子育てのための工夫

子供の成長にあわせて変化する住まい

子供の成長に応じた住まいを実現するプラン

安心・安全な子育てのための工夫

たとえば…>> 将来的に、スライドドア等で間取り変更が可能である

なぜ?>>今は大きく一部屋として使っていても、将来的に個を主張する年代になった時には仕切が欲しくなって来るもの。スライドドアや間仕切家具等で将来的に子供部屋を独立させることが可能な間取りにしておくことも大切。

子育てしやすく、安全な環境であること

安全で便利な住まい環境は子育てには特に欠かせないチェックポイント。
豊富な土地情報で、あなたにぴったりの街探しをお手伝いします。

たとえば…>> 通学路が、交通面・防犯面において安心

なぜ?>>不審者による事件が相次ぎ、子供の一人歩きが危ないと言われる昨今、通学路の安全性は非常に求められる。人通りの少ない道ではない、反対に交通量が多く危険な道ではない等の安全面確保が重要です。

安心・安全な子育てのための工夫

子育てにやさしい家づくり


子育て住まいのなるほど!Book